歯科補綴学 試験対策

会員1,944円 | 非会員2,332円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数223
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    クラウンブリッジにおいて欠かせない内容の試験対策となっています。勿論他大学歯学部にも応用は効きます。なぜなら結局国家試験で問われる内容は同じだからです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    歯科補綴学 試験対策
    ①適切な歯科治療を行うには、口腔内外の環境を整える必要がある。
    そのためには、顎機能の診査が重要である。
    主訴、(既往歴)、(現病歴)などを問診により確認し、視診を始めとする種々の診査によって
    その「正常」と(異常)を鑑別する必要がある。
    ②診査の第一歩は問診である。これには、全身的なそれと(局所的)なそれがある。後者の問診に際しては、顎口腔系の筋症状の有無やその発現時期と現在に至るまでの経過についても十分な問診が必要である。
    特に開閉口時の雑音の有無や発現時期とその経過(開口障害)の有無や発現時期などを明らかにする必要がある。
    さらに顎機能異常をもたらす可能性がある(既往習癖)や日常習慣についても問診を行わなければならない。
    特に前者については(頬杖)などの不良姿勢や就寝時の体位、咀嚼や嚥下時以外の日中(覚醒時)の
    歯の接触やクレンチングの有無を確認しておく必要がある。
    ③筋の(接触)に関しては咀嚼筋を始めとする顎口腔系の筋の起始部、(中央部)、(停止部)を指先で軽く圧迫することにより(疼痛)の有無を診査する。
    顎関節や筋が正常に機能している場合には痛みを自覚す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。