日本の所得税または消費税について、その現状と改革課題について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数850
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題
     日本の所得税または消費税について、その現状と改革課題について述べなさい。
    レポート
    2011-G06A-3 財政学 教科書「一河 秀洋・片桐 正俊著」
    1本問においては、まず「税」の意義について触れ、「所得税」及び「消費税」の現状の意義及び制度の説明を行う。その上で、政府税調が首相に対して行った2000年7月に「わが国税制の現状と課題―21世紀に向けた国民の参加と選択―」の中間答申を見ながらその改革課題についても説明することとする。
    2財政の歳出を支えている歳入は、おおくが租税収入である。先進国では、高齢化社会の進行に伴って、年金や医療費の増加が著しくなっており、その費用を賄うためにどの国でも重い税負担が求められ、また様々な税が創設されて、複雑となっており、これは主に3つの理由がある。第1に、税の主要な目的は、文字通り財政歳出のための財源確保であることには間違いないが、同時に「資源配分機能」、「所得再配分機能」、「経済安定化機能」、「経済成長促進機能」等の様々な機能があり、この機能を1種類の税のみで賄えきれない。第2に税収の確保及び税負担の公平性の観点からである。これは、所得税..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。