日本の経費構造の特徴について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数575
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題
     日本の経費構造の特徴について説明しなさい。
    レポート
    2011-G06A-2 財政学 教科書「一河 秀洋・片桐 正俊著」
    1本問においては、まず「経費」の定義や「経費分類」の方法に触れた上で、日本の経費構造を歴史的な視点及び国際的な特徴に分類して説明を行うこととする。
    2現代社会で国等が軍事、警察、司法等の「公共サービス」を国民に対して提供するにあたっては、国等によって財政支出を伴うものであり、これら活動を貨幣の形態で統括したものを一般的に「経費」という。ただ、「経費」は、貨幣の形態で必ずしも現れるものではなく、特定の企業や個人に対して減税等の租税特別措置が行われた場合には、態様としては対象者に補助金を与えたのと同じであるが、財政支出を伴わないものであって、経費には計上されなく「隠れた経費」となる。
     現代社会における国等の「経費」は、極めて膨大な額であるため、経費の規模のあり方それ自身が重要であることには間違いないが、それ以上にその経費が如何なる内容や目的を持って支出されているのかについても重要である。そのため、経費の内容を分析するにあたっては、経費分類方法が必要となってくる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。