現代財政における予算制度の意義について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数1,289
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題
     現代財政における予算制度の意義について説明しなさい。
    レポート
    2011-G06A-1 財政学 教科書「一河 秀洋・片桐 正俊著」
    1財政における「予算」の意義を説明するにあたっては、まず「財政」とは何か及び「予算」の説明において重要な概念である「財政民主主義」を捉える必要がある。本問においては、これらの説明を行った上で「予算」制度の意義について説明することとする。
    2国や地方自治法第1条の3各項にいう地方公共団体(以下「国等」という。)は、国防、社会資本の整備や社会保障サービス等を通じて、国民の福祉の増進を図ることを目的として存在する。国等は、この目的の推進を図るため、個人や法人に租税を課徴し、又は、その租税に不足が生じれば公債を発行して資金を調達し、その課徴した租税や公債等の資金を基にして、公共的サービスを行うために人や物を調達する。この租税を課徴又は公債等を発行する歳入調達過程と人や物への歳出調達過程とをめぐる諸問題を「財政」という。
    一方で、現代社会においては、貨幣経済が発達しており、これらの歳入調達過程と歳出調達過程においても貨幣を通じて行われることから、国等の活動の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。