T.ホップズの『リヴァイアサン』における社会契約論について論述してください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数861
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    当該資料の評定A、資料の冒頭部分を以下に記載する。

    1「リヴァイアサン」は、正式には「教会及び市民的国家の質料、形相及び力」でトマス・ホップズによって1651年に発表された。まず、社会契約論に入る前にこの時代におけるイギリスの状況を整理する必要がある。この著書が書かれた時代は、1642年に国王の専制政治に対する不満を感じていた市民によって「清教徒革命」が勃発した。そして、49年にスチュワート朝チャールズ1世が処罰されることによって市民が政治権力を握ることとなったが、クロムウェル率いる独立派が平等派等の他の市民組織を抑えて独裁体制を築きあげようとしていた時代である。この著書は、そんな時代における市民と国家関係の考え方示すものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題
     T.ホップズの『リヴァイアサン』における社会契約論について論述してください。
    レポート
    2011-G08-A-1 経済法
    片桐稔晴
    1「リヴァイアサン」は、正式には「教会及び市民的国家の質料、形相及び力」でトマス・ホップズによって1651年に発表された。まず、社会契約論に入る前にこの時代におけるイギリスの状況を整理する必要がある。この著書が書かれた時代は、1642年に国王の専制政治に対する不満を感じていた市民によって「清教徒革命」が勃発した。そして、49年にスチュワート朝チャールズ1世が処罰されることによって市民が政治権力を握ることとなったが、クロムウェル率いる独立派が平等派等の他の市民組織を抑えて独裁体制を築きあげようとしていた時代である。この著書は、そんな時代における市民と国家関係の考え方示すものである。
    2ホップズは、序章において、神の天地創造で作られた自然の中に神が統治する方法があり、それは人間その技を用いることによって人工的動物である時計を作ることができ、さらにはその技がさらに進化して人間が国家をも造ることができるとしている。そして、その国家は、人工的なものであるが故..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。