食環境論:これからの自らからの食生活を設計する場合の留意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数457
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    食事食環境論食生活栄養

    代表キーワード

    食環境論

    資料紹介

    これからの自らからの食生活を設計する場合の留意点について簡潔にまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食環境論
    これからの自らからの食生活を設計する場合の留意点について。
    まず一つ目は正しい食生活習慣を身につけるということだ。これは一番基本的なことである。正しい食生活習慣を身につけるには3食食べることが大切だ。
    最近、朝食を抜く人やダイエットの為に1日一食にしたりする人がいるみたいだが、
    朝食を抜いて1日2食になると、食事の間隔があくことで、身体はもしものときに備えてエネルギーを蓄えようと働く。また基礎代謝が悪くなるため、貯めた脂肪を分解する力も落ち、「太りやすい体質」になってしまう。さらに、朝食を食べない人は、インスリン抵抗性(体内でインスリンが働きにくくなる状態)が高い傾向にある。この状態が長く続くと、糖尿病を引き起こすといわれている。
    次に偏食をしないようにすることだ。偏食がひどく特定の食品しか食べない状態では、成長・発育に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しやすくなる。
    そして薄味で食べることだ。濃い味のものだけを食べすぎると、塩分や化学調味料の取り過ぎ、結果高血圧を引き起こしやすくなる。
    最後におやつの食べ方に注意することだ。おやつなどを食べるとお腹がいっぱいになり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。