日本大学 0412イギリス文学史Ⅱ(分冊1)合格レポート 評価A

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,011
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学のイギリス文学史Ⅱ(科目コード0412)分冊1のレポートです。
    参考文献なし、テキストのみで、評価はAでした。

    次の設問を選んで論述しました。

    設問2、ヴィクトリア朝社会に対して批判を寄せた思想家、小説家、詩人など5名挙げて、それぞれの批判内容を述べなさい。その際に具体的な作品に言及すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリス文学史Ⅱ(科目コード0412)分冊1
    設問2、ヴィクトリア朝社会に対して批判を寄せた思想家、小説家、詩人など5名挙げて、それぞれの批判内容を述べなさい。その際に具体的な作品に言及すること。
     ヴィクトリア朝時代、イギリスは政治、経済、思想、日常生活の各方面において非常に変革した。この時代、イギリスの国威は最も隆盛を見せたが、内部には様々な矛盾を抱えていた。高度に産業革命が発展したイギリスだが、その経済的繁栄は必ずしも労働者階級に反映されなかったため、労働者たちは一層搾取の対象となった。ベンサムの「最大多数の最大幸福」という世界観が、アダム・スミスの「自由放任主義」という自己の利益を追求する経済政策と相まって、功利主義、物質主義への傾斜を一層強めた。さらにダーウィンの『種の起源』から自然淘汰による生物進化の主張は、適者生存、弱肉強食の理論となり、弱者切捨ての資本主義の論理に根拠を付与した。このような時代思潮に対し、この時代の批評家たちの多くは烈しく批判的であった。産業主義に毒され、物質主義、功利主義に走る中産階級的意識への攻撃が繰り返された。ここでは、カーライル、ラスキン、アーノ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。