関節可動域測定一覧

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,798
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ROM-T(関節可動域測定)のランドマーク法と一般的な教科書に記載されている関節可動域検査の一覧。
    運動方向ごとに検査肢位、基本軸、移動軸、参考可動域等を一覧にしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リツイ
    移動軸 前腕の中央線 検査肢位 ケンサ シ カンセツ 内転の場合は、反対側の下肢を屈曲挙上して、
    その下を通して内転させる。
    両側の肩峰を通る床への垂直線
    (立位または座位) ザイ 肘関節 カンセツ カタ カンセツ 20
    背屈 カンセツ 20
    チュウカンイ カンセツ カタ ヒジ 20 カンセツ
    クッキョク カンセツ 10 グライ
    第3中手骨 クツ 掌屈 背屈 ROM-資料 180 ナイテン
    シリョウ 背臥位にて
    肩関節90°外転、
    前腕回内位 50
    C7棘突起とS1棘突起を結ぶ線 ハイガイ 運動
    方向 カタ 180 膝蓋骨より下ろした垂直線
    前腕を回内位で行う。 尺屈..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。