教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数103
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。
    教科書をまとめています。参考にしてください。

    ≪設題≫
    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     カウンセリングとは、その本質的意味において、その人の人格を統合するための相談や助言にあたる。もともと心理的に健康な人が一時的に悩んだり不安になったりしているだけなら、専門家でない者のカウンセリングでも充分効果は上がるかもしれない。しかし、心理的に深い悩みをもつ人の場合、専門家によるカウンセリングやサイコセラピー(精神分析、心理療法)が必要となる。学校において教師は、ある時は担任としてクラスを運営し、様々な指導を行い、統制し、管理しつつ成績をつける。その一方で、子どもたちの悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して問題解決を図るという、カウンセラーとしての立場もとらねばならない。これは、学校カウンセリングが生徒指導の一部に位置づけられているからである。しかし、生徒の側から教師を相談相手、カウンセラーとして見るのは非常に困難である等の問題から、教師だけではなく、臨床心理士もスクールカウンセラーとして学校組織に入り始めている。これは、教師と生徒と保護者の中間にいて、彼らに援助や協力できるシステムとして存在する。また、生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。