国語科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数713
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定でした。
    【所見】には、具体的な事例と関連づけて理解するようにと書かれていました。
    参考にしてください。

    ≪設題≫
    適切な言語運用能力について「基礎的言語力・文脈的言語力・主体的関与」の観点から考察して述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     適切な言語運用能力について、「基盤的言語力・文脈的言語力・主体的関与」の観点から考察して述べなさい。
     「国語力」即ち、適切な言語運用を可能とする能力のことであるが、この「国語力」は三つの要素に分けて考えることができる。以下、この三つの要素について考察していく。
    1、基盤的言語力と「読む・書く・話す・聞く」こと
     三つの要素の中で、最も大事だと考えられるのが基盤的言語力である。この基盤的言語力とは、文字、語彙、文法、音声など、言葉を扱うための最も基本となる能力のことである。この基盤的言語力は「話す・聞く」「書く」「読む」というすべての力と関わっており、他者との会話や文字による意思の伝達も、基盤的言語力の正しい理解なくしてはあり得ない。また、国語科に限らず、他の教科の学習においても基盤となる力であるといえる。
    さらに、「生きる力」の育成が叫ばれている今日、生涯を通じて学び続ける姿勢を身につけさせるためにも、学校教育段階で、子どもに基盤的言語力の基礎的・基本的な知識・技能をしっかりと習得させることが重要であると考える。
     例えば、日本語には「おさめる」という言葉だけでも「収める」「修める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。