競争戦略の中に差別化戦略には

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数349
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    競争戦略差別化戦略

    代表キーワード

    競争戦略

    資料紹介

    競争戦略の中に差別化戦略について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    競争戦略の中に差別化戦略には、四つの方向がある。それは、製品差別化、価値差別化、サービス差別化、ブランド差別化である。
    一つ目の製品差別化とは、製品の品質、機能、デザイン、販売条件など、価格以外の部分に特徴を持たせることで、競争相手との違いをアピールする戦略である。他社と比べ価格が高くても、よりニーズに合った製品を販売することで市場での競争力を持とうとする。しかし、機能や品質の差別化を維持するためには、情報的経営資源が必要となる。一度他の製品に機能や品質の面で差をつけたとしても、そこで終わってしまえば他社に追い越されてしまう可能性が高い。必ず、他社はそれに対抗して追い越そうとするから、常に開発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。