音楽科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数238
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    学校指導音楽方法呼吸基礎姿勢

    代表キーワード

    音楽

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一節題
    【学校教育におけるリコーダー】
     小学校学習指導要領では、昭和22年に第3学年から「笛」が使用され、使用学年や名称が変化しながらも、リコーダーとしてしようされ現在に至っている。リコーダーの主な教育的特性として、①発音が簡単なため、早期のうちに完成度の高い音楽体験が出来る、②歌唱法と共通する部分があるため、音楽表現法を学びやすい、③管楽器奏法の基礎を習得しやすい、などといったものが挙げられる。
    【具体的指導法】
     リコーダーが3学年から習い始める学校が多いが、その3学年の1年間の指導で演奏技術の基礎がほぼ決まると言えるほど、最初の指導が重要であると考える。指導のポイントとした..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。