教育社会学:幼児教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数183
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     私は「幼児教育の変化」について取り上げ、子どもにとってよりよい教育とはどういうものなのか、また家族はどのように関わっていくべきなのか考えてみたい。
     まず、子どもにとって家族とは何なのだろうか。赤ん坊としてこの世に誕生したとき、誰も世話をしてくれなかったら、すぐにこの世から消えてしまう。人間とは誰かに育ててもらわなければ生きていけない生き物なのである。さらに人間として生きていくには、人間社会に必要な文化や行動を教えてくれる者がいなければ、体は大きくなっても決して生きてはいけない。子どもにとって家族とは、人間として最初にかかわる集団であり、その集団に生きていくための術を教え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。