■教育の方法・技術論 メディアレポート試験 日大2011

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数639
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育の方法・技術論 メディアレポート試験の合格レポートです。評価Aをいただきました。学習に役立てていただければと思います。 【課題】
    以下の2つのテーマについて、各テーマ1200字以上、1500字以内でレポートを作成し、2問とも提出してください。

    1)ヘルバルト主義教授論の特徴について、西洋教育史上に位置づけて論じなさい。
    2)学習集団の編成に関して留意すべき諸点を列挙しなさい。また、なぜ、その点に留意すべきか理由も説明しなさい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の方法・技術論 メディア レポート試験                 
    以下の2つのテーマについて、各テーマ1200字以上、1500字以内でレポートを作成し、2問とも提出してください。 1)ヘルバルト主義教授論の特徴について、西洋教育史上に位置づけて論じなさい。
    2)学習集団の編成に関して留意すべき諸点を列挙しなさい。また、なぜ、その点に留意すべきか理由も説明しなさい
     ヘルバルトはドイツの学者であり、学説は世界に影響を与えた。ヘルバルトは教育の目的を論理学に、方法を心理学に求めた、体系的教育学の形成を行なった。教育の方法として「管理」「教授」「訓練」の3要素を提唱し、教育の目標は強固な道徳的品性と興味の多面性の陶冶にあるとした。その教育目標ために、事物の直感的認識から科学的な知識にいたるまでの過程を具体的に「明瞭」「連合」「系統」「方法」という4段階分けた「教授段階説」提示した。これを弟子のツィラーやラインが継承し、とくにラインが実践に即すように発展させた「予備」「提示」「比較」「概括」「応用」という五段階教授法は明治期の日本にも影響をもたらした。「予備」とは既に持っている概念..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。