■生徒指導・進路指導論 分冊1評価A  日大

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数552
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生徒指導・進路指導論の合格レポートです。評価Aをいただきました。学習に役立てていただければと思います。
    課題:学校における本来の進路指導の意義・目的、それを達成するために行われる指導の領域を述べるとともに、最近のキャリア教育およびそれの中核をなす本来の進路指導の必要性を高めている背景・要因を論じなさい
    (参考文献)
    www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/index.html

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導・進路指導論
    課題:学校における本来の進路指導の意義・目的、それを達成するために行われる指導の領域を述べるとともに、最近のキャリア教育およびそれの中核をなす本来の進路指導の必要性を高めている背景・要因を論じなさい
    (参考文献)
    www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/index.html
    学校の進路指導は、生徒が自主的に将来の進路を計画し決定する能力、その後の生活に必要な能力を個々の生徒を対象に、学校で組織的・継続的に指導・援助する過程である。
    進路指導では社会で生きる力を鍛える。生徒は広く社会性を身につけ、社会的適応力を高めながら、生き方についての自覚を深める。そして職業的アイデンティティの確立を目指し、職業の知識・情報を提供したり、勤労体験的な学習を取り入れることで、仕事や職業の現実感を習得させる。進路決定のために必要な自己決定の能力と自主性を、さまざまな意思決定を経験させながら培わせる。進路指導により職業を媒介に個人と社会を結びつけ、学校から社会への移行を促すことで社会人としての成長も見込まれ、その結果社会の発展にも大きく貢献する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。