■日本大学 異文化間コミュニケーション概論 分冊1 合格 評価S

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,069
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    異文化間コミュニケーション概論の合格レポートです。評価Sをいただきました。学習に役立てていただければと思います。
    【課題】「1 教材p29の1行目から、p30の1行目までの英文を正確に和訳しなさい。また、代名詞は元の意味に戻して訳しなさい」、「2 異文化間コミュニケーションとは何かを説明した上で、それぞれの文化(北米文化vs.日本文化)の中には多種多様な考え方存在するが、将来は価値観の変化の中で、それぞれの国民はどのような共通性への変化を持つのか、具体例を示し説明しなさい」。
    参考文献
    「異文化コミュニケーションハンドブック」石井敏ほか
    「日本人のための異文化コミュニケーション」西本徹ほか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異文化間コミュニケーション概論
    【課題】「1 教材p29の1行目から、p30の1行目までの英文を正確に和訳しなさい。また、代名詞は元の意味に戻して訳しなさい」、「2 異文化間コミュニケーションとは何かを説明した上で、それぞれの文化(北米文化vs.日本文化)の中には多種多様な考え方存在するが、将来は価値観の変化の中で、それぞれの国民はどのような共通性への変化を持つのか、具体例を示し説明しなさい」。
    参考文献
    「異文化コミュニケーションハンドブック」石井敏ほか
    「日本人のための異文化コミュニケーション」西本徹ほか
    健康に加えて、人間がもてるもののなかで時間はきっと一番価値あるものだろう。社会の時間に対しての考え方はとても異なっており、その時間に対するいろいろな考え方が私たちの行動に影響しているだろう。
    たとえば、日本は過去を向いている文化を、北米は未来を向いている文化を持っているといわれている。また、日本人は北米人よりより長い時間に目を向けていると考えられている、そして北米のように“目を向けている”のではなく、“目が向いている”と考えられている。これらの違いの本当の意味を考えて見ましょう。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。