哲学~ルネサンス考察~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数360
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1900字程度のレポート。ルネサンスにおける哲学の目標は何だったのか?ルネサンスは社会にどのような影響を及ぼしたのか? ルネサンス精神がどのようなものかを説明した後、プラトンの思想についても触れ、哲学者がどのような考えを持っていたのかをまとめた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ルネサンスには、新たな時代への革新と、古代人への回帰という二つの動きがあったが、その根本精神はヒューマニズムであった。中世ヨーロッパの人々の生活は、カトリック教会による多くの規制によって束縛されてきた。しかし、キリスト教的世界像の権威が失われ弱体化するにつれ、人々は人間のもつ欲望を肯定し、個人としての自由な生き方と快楽を求めるようになっていった。このような人間中心的な生き方がヒューマニズム、つまり人間主義であり、人間とは何か、どう生きるべきかという疑問が提唱された。ルネサンス期には人々は自らの才覚によって人生を切り開く喜びを知り、自分の目で見て判断しようとする合理的、科学的な精神が生まれた。彼らはギリシャ・ローマの古典的文化の復興を目指し、教会中心の世界観から離れて、そこに新たに自由な人間の生き方を探ろうとしたのである。また、人間性や感性の解放などを主張することにより、それまではキリスト教的価値観が中心だった芸術面においても、神から離れた人間そのものに光が当てられ、生身の精神や肉体に関心が寄せられるようになった。そのため、芸術作品はキリストや教会を中心とした構図ではなく、人間の視点から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。