特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数56
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動研究において学校行事が果たす役割を整理し、
    その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例
    をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的
    に説明してください。
     学校における特別活動の原理より、特別活動は、学校
    の教育活動全般を通して行われるべき性格をもっており、
    学級活動やホームルームの時間だけで指導されるべきも
    のではない。そのような見地に立って考えるならば、特
    別活動は生徒指導と並んで「領域」的な概念だけでなく
    「機能」的な概念をもあわせてもっているといえる。
     「領域」的な概念としての代表的な時間には、周1時
    間以上ある「学級活動(ホームルーム活動)」がある。こ
    れは、国語や数学といった教科指導に匹敵する時間であ
    り、学年やクラスに共通した問題を討議・検討するだけ
    でなく、学級運営という目的に応じた、特別活動に独自
    の領域をもっている。実際、教育現場においては、国語
    や数学などの教科科目を「主」とし、これら特別活動の
    時間を「従」とみる向きも多いが、原則としては、学校
    教育法施行規則には「選択教科等に充てる授業時数は、
    選択教科の授業時数に充てるほか、特別活動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。