Z1106 道徳教育の研究 投稿用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数265
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    道徳とは、「人間の生き方を示すものである」と多くの偉人たちによって説明されてきた。また、ソクラテスとその弟子であるプラトンへ引き継がれたイデア論が欧米の思想の根底であり、人間が心理を求め、これを規範として、どのように生きるかを考えることが道徳であり、心理を示すものとされる。プラトンは、「真実を見ることのできる人間」を育成することが教育であると主張し、またそのためには、全人的な調和の取れた人間への教育が必要であるとしている。このような考え方は近代の教育思想の源流をなしており、どのような人格を持った人間を育てるかという、人間にとって根幹となる道徳の基本的問題を追及しているといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「道徳教育の意義について述べよ」
    道徳、道徳教育が時代と共にどのように変化したかを調べ、その意義と関わりについて述べる。
     道徳とは、「人間の生き方を示すものである」と多くの偉人たちによって説明されてきた。また、ソクラテスとその弟子であるプラトンへ引き継がれたイデア論が欧米の思想の根底であり、人間が心理を求め、これを規範として、どのように生きるかを考えることが道徳であり、心理を示すものとされる。プラトンは、「真実を見ることのできる人間」を育成することが教育であると主張し、またそのためには、全人的な調和の取れた人間への教育が必要であるとしている。このような考え方は近代の教育思想の源流をなしており、どのような人格を持った人間を育てるかという、人間にとって根幹となる道徳の基本的問題を追及しているといえる。
     では、大辞林で「道徳」はどのように定義されているのであろうか。辞書には「ある社会で、人々がそれによって善悪正邪を判断し、正しく行動するための規範の総体。法律とは違い外的強制力としてではなく、個々人の内面的原理として働くものをいい、(中略)人間相互の関係を規定する」と述べられている。つまり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。