『佛教大学レポート』 通信 S0104 教育方法学 第一設題 リポート 評価A 2013 2014 2015 2016 対応 佛教 最新

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数976
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、S0104 教育方法学第一設題のリポートです。2013年対応です。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。評価はAを頂きました。主に教科書を参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。

    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    OECDが行っている生徒の学習到達度調査(PISA)で求められている能力を高める授業と評価の方法について、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合の設計手続きの違いを踏まえ、それぞれの場合における学習指導設計および評価方法を提案しなさい。
     近年の教育は、学力低下を問題視されることが非常に多くなり、現在小学校・中学校・高等学校の各校において教育改革が推進されている。しかし、一方で、学力低下など教育的諸問題は各教育現場において日々深刻さを増し、世間や児童、教師自身も混乱させているのが現状である。また、現代の社会は「情報社会」であり、教育の場も様々な形があり、教師もただ知識や技術を教えるだけでなく、これからの社会に生きる人間を形成する「生きる力」の教育も求められている。PISAの要点と分析結果をまとめ、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合を比較し、今後の学習指導設計および評価方法について述べる。
     OECDが行っているPISA調査とは、義務教育の終わった15歳の生徒を対象に、読解的リテラシー、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3つの分野を調査するも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。