『佛教大学レポート』 通信 S0101 教育原論 第一設題 リポート 評価A 2013 2015 2016 佛教

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数466
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、S0101 教育原論第一設題のリポートです。2013年対応です。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。評価はAを頂きました。主に教科書を参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。

    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ
    1.ペスタロッチーの生涯
    ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは1746年スイスのチューリッヒに生まれた教育家である。ルソーの影響を受け、孤児教育や児童教育に一生を捧げた。貧しい人のために働く社会正義を学び、コルレギウム・コロリヌム(現在でいうチューリッヒ大学:当時の最高学歴を得る)に学ぶ。愛国者団に属し、社会改革運動を行うが,フランス革命が行われていた時代であり,若者たちの間では,社会改革主義が盛んであったが,民主主義化を求めた運動に取り組んだ彼は,政府の側から要注意人物としてみられ,卒業しても国家の役人として仕事をしていく道は閉ざされた。ペスタロッチーは1776年貧民院(貧民学校)を設立し、教育活動を開始している。後、ブルクドルフの初等学校教師となったが政変によって二年後、学校から追放されるがその間に執筆をしている。1804年には、イフエルテンで学校を開いた。高い評価を獲得したが、1825年には、学校が内部の紛争の末、閉鎖に追い込まれたのだ。 2.ペスタロッチーの教育学
    ペスタロッチーはルソーと同様に、子供には将来発展する素質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。