『佛教大学レポート』 通信 S0532 生徒指導 進路指導の研究(初等) 評価A 2013 2015 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数525
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、S0532 生徒指導 進路指導の研究(初等) のリポートです。2013年対応です。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。評価はBを頂きました。主に教科書を参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。


    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか、いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。」
     まず教育相談とは、一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるものである。一般的には心のケアを行うものだと考えられ、スクールカウンセラーなどがカウンセリングを行うケースが多いと考えられている。近年ではカウンセリングが一般的に知られており、教育相談といえば、児童・生徒の悩みや問題に対してカウンセリングをおこない問題解決を図り、心のケアを行うことだと考える者が多いと思われる。
     しかしながら、教育相談には心のケア以外にも様々な種類がある。例えば学業相談や進路相談、さらに不登校やいじめなどの予兆が見えた際の予防的な教育相談などが挙げられる。すなわちカウンセラーではなく教師がやるべき教育相談が数多くあるということである。それと共に教育相談はいじめや不登校などの問題を抱えた生徒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。