『佛教大学レポート』 通信 Z1802 介護等体験研究 リポート 評価A 佛教 2013 2014 2015 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数720
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、Z1802 介護等体験研究のリポートです。評価はAを頂きました。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。主に教科書を参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。

    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護体験が小学校・中学校の普通免許状の取得で必要なのかを論述しなさい。
     教師の仕事の基本はコミュニケーションと人間関係である。教師だけではなく社会人全般としていえることではあるが、特に現在、教師はコミュニケーション能力の養成を問われている。現在の学校現場では、不登校・いじめ・学級崩壊など、様々な問題が山積みとなっている。そんな中で教師は学校において、すべての子ども達のそれぞれの個性を尊重し、その可能性を生かすように努めなければならない。
     平成9年6月18日「小学校及び中学校の教論の普通免許状授与に係る職員免許法の特例等に関する法律」が制定された。この法律の趣旨は
    「義務教育に携わる教師として、個人の尊重及び社会連帯の理念に関する認識を深める」「教員の資質向上、義務教育の充実を図る」ためである。介護体験を行うことにより、障害者側からの視点や高齢者側の視点を考えられるようになり、多様な視野を持つことが出来ると考えられるのである。一つの学級を持てば、個性あふれた児童が集まってくる。その児童一人一人の個性を尊重し、相手の立場になって考えられる能力が教師には必要不可欠といえる。学校現場で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。