『佛教大学レポート』 通信 S0534 教育相談の研究 リポート 評価A 2013 2015 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数841
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、S0534 教育相談の研究のリポートです。2013年対応です。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。評価はAを頂きました。主に教科書やネットを参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。

    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    現在、学校現場では、児童に関するメンタルの問題や、不登校が毎年増加していることや、いじめによる自殺が多く発生している状況がある。そこで必要とされ、導入されてものが学校カウンセリングである。児童は、仲間との関わり方がよくわからない状態であり、対人関係にも不安を抱いている。そこで感情を爆発させてしまう児童が増えているのである。このような子どもたちの心理をよく理解し、主に個別に適切な指導・援助を行い、彼らの健やかな成長・発達を支援するのが学校カウンセリングである。学校カウンセリングは、通常のカウンセリングのように、カウンセリングルームで1対1の面接をするだけではない。教室や保健室、廊下などの場所で行う場合もあり、どこからが日常会話かというのも難しい判断になる。しかし、なぜ今スクールカウンセラーという全く違う対場の人間を学校現場に置かなければならないのかと考えてみる。そこには教育を専門とする組織の中に、カウンセリングを専門とする者の役割が必要になってきたということだろうと考えられる。
    さらに問題は他にもある。現在の子供たちは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。