『佛教大学レポート』 通信 S0536 人権(同和)教育 リポート 評価B 2013 2015 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数786
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、S0536  人権(同和)教育のリポートです。2012年対応のものなので、2013年度も前期(何月かはハッキリわかりませんが)までは対応していると思います。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。評価はBを頂きました。主に教科書を参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。

    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
    同和教育とは同和問題を解決するための教育である。日本国憲法では、全ての日本国民は基本的人権を尊重され、自由と平等を保障されている。しかし、現実には歴史的に形成された身分制度に対する経済的心理的差別は現存しており、これが部落問題である。このように部落問題を中心とした社会的な問題で奪われた教育を受ける権利を保障し、実態的差別や心理的差別の解決に向けて行われる教育が同和教育である。同和教育はこのような社会的な問題を解決する教育というだけでなく、あらゆる差別を許さず、人権を大切にしていく人権教育の根底をなすものである。
     日本国憲法は「すべての国民は、法の下に平等で、人権、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的な関係において、差別されない。」と謳われている。しかし、戦後の混乱も終息し始めても、部落は戦前の劣悪な環境のまま行政からも放置され、国民も部落に対する差別意識も戦前と変わらない状況にあった。また、教育においても部落の児童・生徒の長期欠席・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。