『佛教大学レポート』 S0608 体育概論 Ⅰ リポート 評価A 最新 2013 2015 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数737
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程、S0608 体育概論Ⅰのリポートです。ここ数年リポートのテーマは変わっていないので2013年の方でも対応するのではないかと思います。2015年度、2016年度に関しても対応の場合もあるので、1度確認してみて対応しているようであれば参考にしてみてください。評価はAを頂きました。主に教科書を参考に作成しました。ぜひ参考程度に見て頂ければと思います。

    作成して評価を頂いたレポートもアップしていきますので、ぜひ参考にどうぞ☆

    http://www.happycampus.co.jp/docs/952142469859@hc11/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。
     現在、学校における体育に関する指導は、児童の発達の段階を考慮して学校の教育活動全体を通じて適切に行わければならない。体力の向上に関する指導、心身の健康の保持増進に関する指導を適切に行う必要がある。また、それらの指導を通して家庭や地域社会との連携を図りながら、日常生活において適切な体育・健康に関する活動の実践を促し、生涯を通じて健康・安全で活力のあるための基礎が培われるよう配慮しなければならない。これら体育における安全教育はここまでどのような歴史をたどってここまで変化していったのだろうか。
     明治時代、明治政府によって学制が公布され「体操」として学校体育はスタートした。この時代は軍国色が強く兵式体操などが取り入れられ、時代背景が大きく教育に反映されている。大正時代には、より軍国色が強くなり、指導者は体育教師から陸軍関係者へと移っていくのである。また、この時代はスポーツの普及も始まりオリンピック参加が契機になったことを機に、これ以後しばらくの間、日本はスポーツ隆盛の時代を迎える。しかし、昭和20年(1945年)の終戦までは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。