【日大リポート】教育の歴史

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数763
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【教育の歴史】
    ◆ヨーロッパにおける17、18世紀の教育の重要性を現在の教育への影響という視点から考察し、その概要を簡潔に述べなさい。
    ◆ポイント
    ヨーロッパの17,18世紀の教育は、その教育思想や教育実践が、近代教育や現代教育の基礎を築いたといってよい。この時代に登場した代表的な教育家について彼らの教育思想やその実践について広く理解しておくことが望ましい。
    ◆キーワード
    リアリズムの教育 啓蒙時代の教育 公教育思想

    合格で、最終的にA判定でした。
    ご参考までに、見てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育の歴史】
    ◆ヨーロッパにおける17、18世紀の教育の重要性を現在の教育への影響という視点から考察し、その概要を簡潔に述べなさい。
    ◆ポイント
    ヨーロッパの17,18世紀の教育は、その教育思想や教育実践が、近代教育や現代教育の基礎を築いたといってよい。この時代に登場した代表的な教育家について彼らの教育思想やその実践について広く理解しておくことが望ましい。
    ◆キーワード
    リアリズムの教育 啓蒙時代の教育 公教育思想
    ◆参考文献
    『世界図絵』J.A.コメニウス 井ノ口淳三訳 ミネルヴァ書房 1988年
    『フランス革命期の公教育論』坂上孝著訳 岩波書店 2002年
    ◆本文
    現代の教育の原形は19世紀後半にほぼ形成され、公教育(Public Education)と呼ばれる普通教育制度が整いはじめ、ヨーロッパの主要な国々に普及し、教育は名実ともに人々のものになっていった。その普及にあたり、17、18世紀における大きく分けて3つの要素が影響を及ぼしているのではないかと考察した。その内容について述べたい。
    1つ目はリアリズムの教育である。17世紀、ヨーロッパでは紙の使用が広まり、印刷術も進歩する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。