【日大リポート】教育の方法・技術論

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,785
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ◆「よい授業」を作るとはどういうことか、教育方法学上の多くの考えから考え、論述しなさい。

    最終的にはS判定をもらいました。
    ご参考までに、ご覧下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育の方法・技術論】
    「よい授業」を作るとはどういうことか、教育方法学上の多くの考えから考え、論述しなさい。
    ◆参考文献
    『教育方法の探究』天野正輝(晃洋書房 1995)
    『教育の方法と技術』沼野一男(玉川大学出版部 1996)
    『教育評価』梶田叡一(有斐閣 1998)
    ◆ポイント
    教育方法学上の歴史や、今日行われている授業の工夫などを総合的にまとめることが重要である。テキストの一部のみを参照するのではなく、「よい授業」をトータルに考察しなさい。
    ◆キーワード
    教授理論、カリキュラム、学習集団、教材研究、教育評価
    ◆感想
    テストの点だけに限らず、子どものやる気を明確に数値化して評価に加味し、一人ひとりの子どもの成長を見守るための評価に変えていくべきだと感じました。
    ◆本文◆
    「よい授業」を作るということは、教師が「教えたい・語りたい」の気持ちを持ち、生徒が「学びたい」の気持ちを持てる場作りにあると思う。この考察に至るまでを、「歴史」、「カリキュラム」、「授業形態と集団の編成・指導」、「技術」という大きく分けて4つの項目より述べたいと思う。
    まずは「歴史」について述べたい。教育方法学の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。