相談援助における専門的な援助関係の形成と、面接場面で用いられる技法(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,126
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉社会言語援助影響信頼関係理解自己

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉講座7相談援助の理論と方法Ⅰ」中央法規2009です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助において、援助者とクライエントとの関係は、その形成状況で相談援助の結果に影響を与える。だからこそ、いかに信頼関係を形成するかということは大きな課題となる。では、援助関係の形成に影響する要因、信頼関係を形成するためのソーシャルワークの原則や技術について述べていくこととする。
     原則として、「バイステックの原則」という名称で、自己決定、個別性の尊重、非審判的態度、共感的理解、誠実な態度、秘密保持、真実性をあげるものがある。以下①~⑦である。①「個別化の原則」として、利用者それぞれが持っている特有の性質を認め、理解すること。②「意図的な感情表出の原則」として、利用者は様々な感情を持っているの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。