更生保護における「就労支援」の意義と制度の概要(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,136
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉経済情報社会政策雇用支援就労就職

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉士養成講座20更生保護制度」中央法規2009です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    更生保護における「就労支援」について、その意義と、制度の概要について以下述べていくこととする。
    就労の継続は、経済的な安定と規則正しい生活習慣をもたらすばかりではなく、職場での人間関係やコミュニケーションにより、社会性が養われ、責任感や自信を身に着けることにも繋がり、更生を促すとされている。無職者の再犯率が有職者の5倍以上であることは、就労継続が再犯防止に寄与していることの裏付けといえる。しかしながら、保護観察対象者は、就労に有利な学歴や資格、技術が不十分であること、就労意欲が乏しいこと等本人の問題に加え、犯罪や非行をした人を雇用することに対する企業・雇用者側の不安もあり、就職が困難である。就..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。