生活保護受給者に対する就労支援の必要性と就労支援を行ううえで配慮すべきこと(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数859
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉士養成講座18就労支援サービス」中央法規2009です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     就労支援の必要性と就労支援を行ううえで配慮するべきことを、現在の生活保護制度の特性や、自立支援プログラム導入の経緯について言及しながら論じることとする。
     生活保護制度の特性として、「生活困窮状態にある場合に国家として健康で文化的な最低限度の生活を保障すること」と、「非自立状態に陥った者の自立を助長すること」という目的をもつことが挙げられる。また「自立」の概念が社会福祉基礎構造改革により大きく転換されたことに伴い、生活保護制度からの脱却を目指すためのものから、利用者の求めに応じて「経済的自立」「日常生活自立」「社会的自立」を支援するために、必要であればソーシャルワーカーが係り支援していくとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。