福祉サービスの質の評価の評価システムが導入された経緯と背景、目的と課題(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数806
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉士養成講座11福祉サービスの組織と経営」中央法規2009です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉サービスの質の評価システムが導入される経緯と背景、目的と課題について以下順に論じていくこととする。
     制度面において福祉の支援に「サービス」という言葉が使用されることになったのは1972年頃からであったとされている。その後、1989年に制定された高齢者保健福祉推進十か年戦略や1990年の福祉関係八法改正等、在宅・施設を中心とした福祉サービスの供給量の増加と、サービス利用が一般的に浸透するに至り、定着したとされる。誰もがサービスが利用できるようになる中で、福祉サービスの分析・分類や評価に関する関心も高まり、1993年「特別養護老人ホーム・老人保健施設のサービス評価基準」の作成・出版、1989..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。