利用者の立場で考えた時、現在の生活保護制度での課題(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数745
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉士養成講座16低所得者に対する支援と生活保護制度」中央法規2009年などです。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活保護制度とは、生活保護法に基づく、日本の公的扶助の中心となっている最も基本的な制度である。生活保護は国家責任の原理・無差別平等の原理・最低生活の原理・保護の補足性原理からの基本原理からなる。それらを基本に、「申請保護の原理」、「基準及び程度の原理」、「必要即応の原理」、「世帯単位の原則」という保護原則に基づき、資力調査が行われ要否が決定される。他にも、所得調査のみを公的扶助の範囲とする児童手当や特別児童扶養手当、災害救済法による物品給付等があり、近年では増加傾向である。これらの手当の多くは所得制限を伴い、定型的な公費による給付となっている。また、公的給付により自立した生活を保障しようとする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。