公的年金保険の概要について説明しなさい。(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数794
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉士養成講座12社会保障」中央法規2009です。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の公的年金制度の起源は、軍人や官吏のための恩給制度である。恩給制度は特権的・恩賞的な性格が強く、事前の拠出を給付条件とせず、財源は全額租税負担で賄われた。旧軍人以外の文官等の恩給は、1950年代後半より1960年代前半にかけて恩給制度が廃止されて救済年金制度に移行している。
    日本における現代の年金保険制度は、国民年金が全ての被保険者に共通する基礎年金を給付し、原則として厚生年金と共済年金がそれに上乗せして報酬比例年金を支給する制度である。
    国民年金は、20歳以上60歳未満の日本に住む全ての人に加入義務があるとした年金制度である。日本では1950年代後半以降、「国民皆年金制度」が法制化されて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。