相談援助の理念と専門職として守るべき倫理(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,259
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。 
    参考文献は「新・社会福祉養成講座6相談援助の基盤と専門職」中央法規2009です。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「理念」といえば、人々の決断や解釈の目的や、事業や計画などの根底にある根本的な考え方という意味で使われる。社会福祉の分野では、社会福祉事業を提供する法人や団体などの、事業や計画などの根底にある根本的な考え方のことを指す。具体的には、権利擁護、クライエントの尊厳と自己決定、エンパワメント、ストレングス視点、ノーマライゼーションと社会的包摂である。また「倫理」といえば、何が正しいか正解かを示すものである。価値を行動規範に具体化したものを指す。社会福祉士専門職のあるべき行動を具体的に描写したものとして倫理綱領があがる。これらの例を取り上げて相談援助の理念と専門職として守るべき倫理を論じたい。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。