家族の特徴とその変化について説明しなさい。(レポート評価C)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数424
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価C(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉養成講座3社会理論と社会システム」中央法規2009 です。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族には3つの理解がある。一つは社会を構成する制度として家族をとらえた試みである制度としてのもの。また社会の中で最も小さい単位としてみなされる集団としてのもの。そして手段としての家族に限定せず頻繁な交流や相互の援助関係で見いだされるネットワークとしてのもの。また家族の機能は、結婚をした男女が子供を生み育て、家族員が病を得た場合に看病や看取りをし、日常の生活では衣食住の必要を満たすとともに、精神的な安らぎを分かち合う営みを差し示すものである。個人の要求の充足に限らない、社会の維持や発展に欠かせない意義をもつ。また家族が果たす機能は、時代や社会によって異なるものである。
     日本の場合、第一次対戦後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。