諸外国における福祉政策と日本の福祉政策の比較、そして今後の課題(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,102
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。  参考文献は「新・社会福祉養成講座4現代社会と福祉」中央法規2009 です。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉政策の国際比較といえば、各国の社会保障給付費の対GNP比率を比較されることが基本である。1990年にエスピン・アンデルセンが「福祉資本主義と3つの世界」を発表してから、大きな政府か小さな政府かという量的比較に加えて、その国の歴史や文化・政治的背景まで含めた質的比較の重要性が指摘され始めた。福祉政策の中でも、介護保証の仕組みに焦点をあて、スウェーデン・ドイツ・アメリカの特徴を整理しながら、日本における福祉政策との比較及び課題を論じたい。
    まずスウェーデンは、社会保証給付費の支出が大きく、租税負担率も高い。逆にアメリカは、社会保証給費の支出も少なく、租税負担率も低い。その中間がドイツである。日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。