社会福祉基礎構造改革の背景と特徴、そして今後の課題(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,029
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉養成講座4現代社会と福祉」中央法規2009などです。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉基礎構造改革の背景といえば、1990年以降の少子高齢化の進行に伴い、社会福祉・社会保障が整備され、福祉ニーズが国民の各層に拡散している状況の中で社会的統合の対象となるよう援護者層と福祉ニーズをもった層に応じた乖離ができたことが発端として挙げられる。しかし、それまでの要援護者を対象とした措置制度では、福祉ニーズ層全体に必要な支援を行うことは困難であった。そこで、社会的統合と自立支援を分離し、要援護層には社会的統合と自立支援を統合して実施し、社会的統合の対象ではない福祉ニーズ層には、自立支援を提供することで広範な国民の自立支援を図ろうとしたことである。
    こういった背景から生まれた社会福祉基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。