ソーシャルワークにおける「医学モデル」「生活モデル」「ストレングスモデル」(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,635
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉教師社会家族問題課題医学考察生活

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉養成講座8援助の理論と方法Ⅱ」中央法規2009です。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「医学モデル」「生活モデル」「ストレングスモデル」とは、提唱された年代順の並びであり、それぞれのモデルが強み弱みを持ち合わせながら、共存しているものである。事例考察に基づいてそれぞれのモデルの特徴を論じることとする。
     担当教師にスクールソーシャルワーカー(以下、SSW)と相談することを勧められた直子さんの母親が語った内容である。相談を受けたSSWは、直子さんや家族の生活の実状に肉薄し、抱える課題を精確に把握し、以降の支援を計画する為のアセスメントを行う為に、差し当たり目の前の母親との間で面談を継続することになる。その際、実践モデルの利用により、SSWが着眼し、発せられる問いは実践モデルの利用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。