社会福祉の発展過程において社会調査が果たしてきた役割(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,056
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉歴史社会福祉日本社会経済科学都市問題調査

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉養成講座5社会調査の基礎」中央法規2009です。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉と社会調査の関係といえば、社会福祉学が人々の生を基軸に、どのようにして人々の生が可能になっているか、それらの生に起こる問題はなにか、それらの生は現実的にどのような社会的実践において実現可能となるのか、などの学問である為に、その学問に対する肯定と否定を巡る論点が問わざるを得なかったこと、その社会的実践が主に統治主体によって遂行される為、それら実践への評価が分かれてきたから、常に両義的な価値づけを巡るものである。
     「社会調査」の定義次第で社会福祉における社会調査の起源は異なるものとされている。「社会福祉における社会調査」としてその歴史を顧みると、19世紀以降の産業化と都市化による急激な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。