老年期の(痴ほ)認知症の原因と症状(レポート評価B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数431
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉社会障害家族認知症認知原因神経特徴

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉養成講座1人体の構造と機能及び疾病」中央法規2009 などです。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老年期の痴呆の原因といえば、変性疾患によるもの(アルツハイマー病、ピック病、びまん性レビー小体病、皮質基底核変性症、進行性核上性麻痺)、脳血管障害によるもの(血管性障害、ビンスワンガー病、脳アミロイドオバシー、CADASIL)、また感染症(脳炎、進行麻痺、エイズ脳症、プリオン病)、腫瘍(脳腫瘍)、免疫性神経疾患(神経ベーチェット、多発性硬化症)、外傷(慢性硬膜下血腫)、髄液循環障害(正常圧水頭症)、内分泌障害(甲状腺機能低下症)、中毒・栄養障害によるもの(アルコール依存症、ビタミン欠乏症)などが挙がる。その中で、約8割が脳血管障害によるもの、または変性疾患であるアルツハイマー病によるものとされ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。