児童虐待への対応について述べなさい(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数884
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉心理社会児童法律家族虐待児童虐待家庭

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は「新・社会福祉講座15児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」中央法規2009です。
    文字数1200字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童虐待」とは、児童虐待の防止等に関する法律により、18歳未満の子供に対して、保護者が以下のような行為をすることと定義されている。①「身体的虐待」として、児童の身体に外傷が生じる恐れのある暴行を加えること。②「性的虐待」として、児童にわいせつな行為をする、又はさせること。③「ネグレクト」として、児童の心身の発達を妨げるような減食や放置など、保護者としての監護を怠ること。④「心理的虐待」として、児童に心理的外傷を与える言動を行うこと。以上である。
    「児童虐待」への対応の中心になるのは、児童相談所である。児童相談所での取り扱い件数は、年々増加傾向にある。しかし、それは児童相談所が把握している件数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。