2005年介護保険改正の意味、また2000年に導入された内容との比較(レポート評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数519
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。文字数1200字程度。参考文献は、「社会福祉士養成講座13高齢者に対する支援と介護保険制度」中央法規2009です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険制度とは、1960年代の高度経済成長期以降に急激に進展した我が国の高齢化により①出口の見えない長期の介護②高齢者が高齢者を介護する「老老介護」③家庭内の女性の無償労働による介護という在宅介護・家族介護の限界に近い状況といった問題の解決を目指して、平成12年 4月から開始されたものである。一定の年齢の医療保険加入者に介護保険料を賦課する、社会保険方式による強制加入の社会保障制度になっている。また、給付を受けられるのは、市町村に申請して要支援または要介護の認定を受けた者だけである。その給付は大きく分けて、居住サービス、地域密着型サービス、施設サービスの 3つに区分される。
    介護保険法改正は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。