精神障害者の地域生活を支援する精神保健福祉士が配慮しなければならない専門性と生活支援システムの活用について論ぜよ(評価5)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数451
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価5合格(5~1判定中)のものです。 参考文献は新・精神保健福祉士養成講座7「精神障害者の生活支援システム」、中央法規出版株式会社、2014年2月1日第2版です。 文字数1800字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活支援システム」とは、古川孝順によると「生活維持の基本的な枠組みである生活維持システム」が機能できなくなった時に利用されるものである。それは、社会福祉に関わる資源の配分システムからその維持をめぐって捉えられており、あくまでもサービス提供者の視点からの概念である。
     しかし、精神障害者の生活は歴史的に地域における福祉サービスが乏しい状況が長く続いていたことや、精神科医療における社会的入院の人権課題から、精神障害者が地域の中で「当たり前の生活」を手に入れることの運動としての概念が求められてきた。そこから、精神障害者の生活支援をシステムとして検討した田中英樹(以下、田中)は「精神障害者の生活主体者としての暮らし、地域において市民としての自立生活を支援するこの新しい社会的な体制」を「地域生活支援システム」と定義した。背景には精神障害者の生活が医療ではなく、地域のなかで実現されなければならないという強い権利保障としての意義がある。
     「地域生活支援システム」の代表的な考え方として、「市民性」を土台にした地域生活支援システム、「統合的生活モデル」としての地域生活支援システム、「リカバリー」過程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。