ケアマネジメントのモデルをそれぞれ理解した上で、精神保健福祉士の役割について述べよ(評価3合格)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数612
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価3合格(5~1判定中)のものです。 参考文献は新・精神保健福祉士養成講座5「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ」、中央法規出版株式会社、2014年です。 文字数1800字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ケアマネジメントのモデルには、ACTやストレングスモデル、仲介型モデル、拡張仲介型モデル、臨床型モデル、リハビリテーションモデル、集中型モデルなど、様々なモデルがある。特に代表的なモデルとしてACTとストレングスモデルがある。
     ACTとは包括型地域支援のことである。ACTプログラムとは、重い精神障害のある人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるように複数の職種がチームを組み、24時間体制で365日、医学的・心理社会的・リハビリテーション的なサービスを提供し支援するプログラムである。従来のサービス提供方式ではニーズを満たすことができない重い精神障害のある人の入院回避を目的として1970年代前半にアメリカ・ウィスコン州のマディソン市で始まった。以来、ACTプログラムの実績とその評価研究が重ねられ、その効果を確認しながら発展してきた既存の心理社会的アプローチのなかで最もその実証性を追求されてきたものの一つであり、欧米での効果も高く認められているモデルである。ACTプログラムの特徴は、①訪問によるチーム支援や24時間365日サービスなどの支援の「枠組み」として特徴があるとともに、②重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。