精神保健福祉士と社会福祉士の役割と意義を理解し、精神保健福祉士の行う相談援助の方法として日常生活への適応のために必要な訓練とは何かを述べよ(評価3合格)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数303
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価3合格(5~1判定中)のものです。 参考文献は新・精神保健福祉士養成講座3「相談援助の基盤(基礎・専門)」、中央法規出版株式会社、2015年です。 文字数1800字程度。全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士が社会福祉の多様な領域に一般的に適用されることが想定されているジェネリックな社会福祉専門資格であることに対して、精神保健福祉士は、精神保健福祉という特殊な領域における運用を想定したスペシフィックな社会福祉専門職資格であるとされている。社会福祉士は、援助を必要とする人々の生活と人権を擁護すること、そのために社会的発言力を強化することを意義として、高齢者、障害者、子どもなど、すべての人を対象として相談援助を行うことが役割である。一方、精神保健福祉士は、精神障害者の人権擁護と地域での生活支援の推進、社会的入院の解消を行ない、精神障害者の保健医療福祉を充実させることを意義として、統合失調症や認知症、アスペルガー症候群など、精神に何らかの病気や障害を持つ人の相談援助を行うことが主な役割である。
    精神保健福祉士の行なう相談援助の方法として、日常生活への適応のために必要な訓練とは、求められる役割によって異なる。①「医療機関等におけるチームの一員として、治療中の精神障害者に対する相談援助を行なう役割」においては、患者が安心して治療を受ける為に、入院から派生する様々な生活課題や問題を解決するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。