言葉指導法 乳幼児の言葉を育てるための関わり方について述べなさい。レポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数424
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    読みやすい字でレポートを綴っています。内容も読みやすいように小見出しをつけるなど工夫を重ねています。意欲を感じる証拠です。ぜひ日常の自分のコミュニケーションの質を高める努力を重ねておきましょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私がこの設題を選択した理由は、将来どのような人間に育つか決まる一番大切な時期である乳幼児期において、どのような接し方をすれば良いのかを知りたかったからである。将来保育者や母親になるにあたって、大切なことを知りたいと思いこの設題を選んだのである。
    〈乳幼児期の言葉を育てるためには、環境が大切である〉
    保育所保育指針において、子どもの発達は子どもの取り巻く環境内の人や自然、事物、出来事などの相互作用の結果として進んでいくとし、子どもの育つ環境の重要性を指摘している。
    乳幼児の1日の大半をすごす保育所では、個々の子どもが安心して生活でき、適切な刺激と援助が与えられることにより、能動的・意欲的に活動できるような環境づくりが大切なのである。
    乳幼児期は、その子が将来どのような人間に育つか決まる大切な時期である。乳児は胎児のときから、自分の体の中に人間として成長し、発達する能力をもって生まれてくるのであり、その力によって感覚器官や体が発育し、知能や行動力が発育していく。しかし、この能力も乳児を養育するまわりの大人の助けがなくては無力に等しい。
    安全で快適な環境(物的・社会的)の中で大人と相互作用(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。