国語 民間伝承を再話したグリム兄弟についてまとめなさい。レポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数710
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民間伝承を再話したグリム兄弟についてまとめなさい
    グリム兄弟の名前は『グリム童話集』と結びついて世界中の多くの人に知られている。そのグリム兄弟というのは、兄のヤーコブ・グリムと弟のヴィルヘルム・グリムを指している。しかしグリム兄弟は実は男5人の兄弟でその下に1人の妹もいたのである。グリム兄弟といえばグリム童話集の著書とも思われていますが、実は、ヤーコブは言語学、法律学、神話学の分野で当時のドイツを代表とする大学者であり、民俗学の創始者とさえいわれている人であった。また、弟のヴィルヘルムは、古代ゲルマン文学の分野で、やはり代表的な人物であった。そして『グリム童話集』の著書であるとともに『ドイツ語辞典』の著書としても知られている。グリム童話集では妹のルートヴィヒも挿し絵を手がけている。
    ふたりの父親、フィリップ・ヴィルヘルム・グリムはヘッセン侯国の官吏であり、母親はドロテーアといい、やはりヘッセンの官吏の娘であった。したがって父親が健在の間は上流階級に属していたといえる。しかし兄ヤーコブが11歳の時に父親が病没しグリム家の暮らしは激変し、小さい家に引っ越した家族はひっそりと暮らすことになる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。