教育原理 望ましい教師の資質と条件はどのようにあるべきか述べよ。レポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数651
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    具体的に論じてる点は評価できるとコメントあり。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    望ましい教師の資質と条件はどのようにあるべきか述べよ。
    教育とは、あくまでも子どもの側からの個性を伸長し能力を開発することを目指して心身ともに円満にして調和の取れた成長発達を期待して、いわゆる引き出すことを意図するものである。 国による教育方針は教育基本法の前文に「我々は、この理想を実現するため、個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する。」としている。よって現代において教師や教育に望まれていることは、ただわかりやすく勉強や学習を教えるのだけではなく、躾や道徳・規範を教え身に付けさせるなどに及ぶようになった。 その理由として社会環境の変化に伴い核家族や一人親家族が増え、親が生活のために働かざるを得ない状況であり子どもの教育にまで目が届かない、手が回らず保育園や幼稚園、学校にまかせっきりになっているからである。そのため本来、躾など道徳規範など昔から親がしてきたことを外部の人間に託すようになってしまっているのである。  また地域住民の繋がりも薄くなり、凶悪犯罪の低年齢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。