教育原理 現代の教育の目的を憲法・教育基本法(改正・教育基本法も含む)を基にして要領よく説明せよ。レポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数535
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の教育の目的を憲法・教育基本法(改正・教育基本法も含む)を基にして要領よく説明せよ。
    教育とは現実在としての人間の内面に秘められている、個性や素質を理想像としてのあるべき姿まで伸張し育成していくところの、外とからの働きかけとして捉えることができる。それは古い世代からの文化的遺産の伝統継承であるとともに、未来社会へむかっての人類新文化の創造開発の作用でもある。また地上に誕生した新しい生命が、成人社会へ同化していくところの「社会化」の連続的過程として考えることも出来る。
    現代日本の教育は敗戦により日本国憲法が制定されたことにより始まった。戦前は大日本国憲法によって軍国主義、全体主義、国家神道体制、日本主義がしかれ 教育においても「お国のために」や「天皇のために」、「神風特攻隊」などから分かるように度々人権も無視されても良いという考え方であった。しかし戦争で 負け、連合軍に占領管理のもと日本国憲法の公布により軍国主義は平和主義へ、全体主義は個人主義へ、国家神道体制から社会の非宗教化へ、世界に日本主義を 押し付けていたのを止め真の国際社会化へと変化していった。教育も日本国憲法の三大原則であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。